Construction

意外とよくわからないB工事について理解しておきたいこととは

飲食店におけるB工事

新規ビルでの飲食店出店は、これから事業拡大を狙う飲食店経営会社にとって登竜門の一つです。特に大手ビルへの参入は、多くの顧客を獲得できるチャンスであり、会社成長には欠かせない案件です。新規ビルへの出店に伴い、B工事から出来上がる店舗のイメージを持つことが非常に大切ですが、いつくか注意点があります。まず、B工事の費用負担は全て自社持ちであること。
ビルオーナーが行ったA工事の設計に基づき、厨房設備や給排水設備を決定し、工事自体はビルオーナーが行います。設計に対して、理想ばかり追求した無理なB工事を行おうとすると、費用が高くなるばかりか、耐久性は弱くなってしまいますので細心の注意が必要です。また、飲食店は市況の変化に流されやすいのが特徴です。売上低迷による飲食業態の変更まで見据えて、汎用性の高いB工事を行う必要があります。テナント参入の場合、契約期間は最低でも5年程度。その間、家賃を支払いながら自社店舗の経営を安定させるためには、専門性の高すぎる厨房設備、防火防水工事を行ってしまうと汎用性は低く、いざという時に自分たちの首をさらに絞めてしまう可能性もあります。飲食店においてB工事は、自社都合、市況を理解したうえで行い、長くテナントに参入できるような設計、工事を考え、事業拡大の契機を狙いましょう。

Pick Up

ビルの所有者はB工事をしたい

新規で、飲食店を開業しようとしている人のなかには、開店に差し当たって、内装工事に関する手続きや業者の選定などの、普段行わないことをしなければならず、とても苦心することと考えられます。飲食店という…

くわしく読む

飲食店におけるB工事

新規ビルでの飲食店出店は、これから事業拡大を狙う飲食店経営会社にとって登竜門の一つです。特に大手ビルへの参入は、多くの顧客を獲得できるチャンスであり、会社成長には欠かせない案件です。新規ビルへの…

くわしく読む

B工事とは何であるのか

店を開くときには、借りる、ということがあるでしょう。そうした店舗をは当然、商業施設や大型テナントビル等である可能性があるわけですが、こうしたところに出店する際、気をつける必要があるのが工事の区分…

くわしく読む
TOP