Construction

意外とよくわからないB工事について理解しておきたいこととは

B工事の難しいところ

B工事は何かと面倒な工事であり、そして、費用的にも結構かかってしまうことが多いです。相場よりも高い、ということがよくありますから、覚悟しておきましょう。
B工事というのは、要するにテナントに入る側がオーナーに依頼して、自分で工事費を負担する工事になります。そして、その業者が自分で選べないということになっています。ですから、見積もりが取れないのです。工事を安くするコツとして最も簡単であるのが見積もりなのですが、それができないのでかなり高くなることがあります。そもそも業者側もそれがわかっていますから、ほぼ確実に取れる仕事、ということになるのです。そこでサービスをする必要性がないことはわかることでしょう。
B工事というのは、ビルなり商業施設なりの重要なところを内装工事で変える場合などに行われる工事になります。たとえば防火性とかそうした部分を工事して変更してしまう場合、さすがにオーナー側から許可を得ないといけない、ということはイメージできるでしょう。そしてオーナーとしては知らない業者ではなく、旧知の信用できる業者にそうした工事を依頼したいと考えるのも当然といえるでしょう。その為、費用が高くなってしまうのです。

Pick Up

ビルの所有者はB工事をしたい

新規で、飲食店を開業しようとしている人のなかには、開店に差し当たって、内装工事に関する手続きや業者の選定などの、普段行わないことをしなければならず、とても苦心することと考えられます。飲食店という…

くわしく読む

飲食店におけるB工事

新規ビルでの飲食店出店は、これから事業拡大を狙う飲食店経営会社にとって登竜門の一つです。特に大手ビルへの参入は、多くの顧客を獲得できるチャンスであり、会社成長には欠かせない案件です。新規ビルへの…

くわしく読む

B工事とは何であるのか

店を開くときには、借りる、ということがあるでしょう。そうした店舗をは当然、商業施設や大型テナントビル等である可能性があるわけですが、こうしたところに出店する際、気をつける必要があるのが工事の区分…

くわしく読む
TOP