Construction

意外とよくわからないB工事について理解しておきたいこととは

ビルの所有者はB工事をしたい

新規で、飲食店を開業しようとしている人のなかには、開店に差し当たって、内装工事に関する手続きや業者の選定などの、普段行わないことをしなければならず、とても苦心することと考えられます。飲食店というものは、自分でビルを建築するような特段の事情を除けば、一般的には店舗を借りなければなりません。その場合には、内装や外装につき、何らかの改装工事を施工することになります。そのために、ビルのオーナーとで賃貸借契約を締結しなければなりません。その際に、内外装工事につき、B工事でやってください、などと言われることが多々あるのです。このB工事とは一体何なのでしょうか。
内装工事については、3種類のものが存在します。具体的には、B工事以外には、A工事、C工事などというものが存在します。ビルの所有者との打ち合わせでは、このようなB工事とか、A工事などという単語が飛び交います。よくあるのが、C工事の取り扱いがないという所有者の言い分があります。C工事とは、工費を借り主である店舗側が負担するものの、業者の選定も借り主側ができるのです。B工事であれば、費用の負担が店舗側であることは共通しているのですが、業者の選定をビルの所有者側で行い得るために、所有者側としては、B工事を行いたいのです。このために、ビルの所有者としては、店舗のオーナーに対して、B工事をさせたいのです。

Pick Up

ビルの所有者はB工事をしたい

新規で、飲食店を開業しようとしている人のなかには、開店に差し当たって、内装工事に関する手続きや業者の選定などの、普段行わないことをしなければならず、とても苦心することと考えられます。飲食店という…

くわしく読む

飲食店におけるB工事

新規ビルでの飲食店出店は、これから事業拡大を狙う飲食店経営会社にとって登竜門の一つです。特に大手ビルへの参入は、多くの顧客を獲得できるチャンスであり、会社成長には欠かせない案件です。新規ビルへの…

くわしく読む

B工事とは何であるのか

店を開くときには、借りる、ということがあるでしょう。そうした店舗をは当然、商業施設や大型テナントビル等である可能性があるわけですが、こうしたところに出店する際、気をつける必要があるのが工事の区分…

くわしく読む
TOP