Construction

意外とよくわからないB工事について理解しておきたいこととは

B工事とは何であるのか

店を開くときには、借りる、ということがあるでしょう。そうした店舗をは当然、商業施設や大型テナントビル等である可能性があるわけですが、こうしたところに出店する際、気をつける必要があるのが工事の区分になります。この手の工事には区分として、A工事、B工事、C工事というのがなっています。或いは甲、乙、丙と呼ぶ場合もありますが、基本的にはABC表記が殆どです。A工事とは、建物全体に係る工事であり、建物の所有者負担にて建物の所有者が施工する工事であり、要するに普通の工事です。一般的に想定する工事、というのはこれになります。
では、B工事とはなんなのか、となりますが、これがとても大事になります。借主が決定した後に、そのまま使うことではなく、ある程度、改築したい、と考えるテナント側もあるでしょう。そんなときには、ビル所有者が指定した業者にて施工することになります。その場所はビルの根幹に関わってくるような部分になります。例えば、給排水工事、防水工事、吸気・排気工事などがそれに該当することになるでしょう。エアコンなどの工事もそれに当てはまることが多いです。この手の工事のことをB工事と呼ぶようになっているのです。

Pick Up

ビルの所有者はB工事をしたい

新規で、飲食店を開業しようとしている人のなかには、開店に差し当たって、内装工事に関する手続きや業者の選定などの、普段行わないことをしなければならず、とても苦心することと考えられます。飲食店という…

くわしく読む

飲食店におけるB工事

新規ビルでの飲食店出店は、これから事業拡大を狙う飲食店経営会社にとって登竜門の一つです。特に大手ビルへの参入は、多くの顧客を獲得できるチャンスであり、会社成長には欠かせない案件です。新規ビルへの…

くわしく読む

B工事とは何であるのか

店を開くときには、借りる、ということがあるでしょう。そうした店舗をは当然、商業施設や大型テナントビル等である可能性があるわけですが、こうしたところに出店する際、気をつける必要があるのが工事の区分…

くわしく読む
TOP